Microsoft Azureはすごいパブリッククラウド。Microsoftがクラウドに本気出してる

最近、Windows AzureからMicrosoft Azureにサービス名称を変更した、Microsoftが提供するパブリッククラウド。

Microsoft Azure

Microsoft Azure のオープンで柔軟なクラウド コンピューティング プラットフォームを使用すれば、目的を達成し、コストを節約し、組織の効率を向上させることができます。

[amazonjs asin=”4844334425″ locale=”JP” title=”無料ではじめるWindows Azure×WordPress超入門”]

日本にも東日本、西日本と2つのリージョンを開設し、レイテンシーも劇的に改善されたそうで。

amazonのAWSが値下げを発表したと思ったら、Azureも同様に値下げ。価格でもガチバトルを仕掛けています。

この短期間での劇的なサービスのレベルアップとブランディング戦略はすごいですね。

さすがマイクロソフト!

新CEOのSatya Nadella氏のもと、クラウドビジネスへの急速なシフトが米国本社内で進んでいるのでしょう。

Office関連のアプリケーションも一気にビジネスモデルを変えてきましたし。

そういった会社全体の大きな変革にはびっくりするくらいのお金をかけているのかと思いますが、お金をかけてるセグメントのひとつでもあるテレビCMが個人的には好きです。

F1が好きってこともあるのですが、最後の「This is the microsoft cloud」がしびれます。

センスあるCMで一気にビジネス、エンタープライズクラウドのイメージアップが図れていると思います。

スポンサーリンク
AD for PC

AWS vs Azureの行方は?

私の予想としては、やはりWindowsというパーソナルそしてエンタープライズすべての領域で圧倒的に広まっている資産があるので、MicrosoftがAWSに十分勝てると思っています。

Windowsで慣れ親しんだ「Microsoft」というブランド価値は大きいです。

「AWS?なんだそれ?知らない外国の会社か」という反応を示す人もいそうな中、Microsoftであれば「Windowsの会社ね」となったり。

なんてことは少数かもですが、Microsoftが圧倒的な資金と過去から築き上げた資産の力で、パブリッククラウド界の巨人になるかもしれない、ということをウォッチしていくのは楽しみです。

そして、Surface2が欲しい・・・。

Surface2でこのブログをいつでもどこでも書きたいです

[amazonjs asin=”B00G4UF7RQ” locale=”JP” title=”マイクロソフト Surface 2 32GB 単体モデル Windowsタブレット・Office付き P3W-00012 (シルバー)”]

[amazonjs asin=”4822277070″ locale=”JP” title=”WindowsAzure エンタープライズクラウドコンピューティング実践ガイド”]

スポンサーリンク
AD for PC