住宅購入の契約は年度末の3月にすると割引が大きくてお得[1年で家づくり一戸建て注文住宅]

家を買う時に重要なのがタイミング。

一体いつ買えばいいのか?

いや、それはもちろん欲しい時に買うのが一番なんですが、問題はいつ契約すればお得なのか?そんなタイミングはあるのか?ということ。

特に戸建の注文住宅の場合、お得なタイミングがあると思いますので、我が家の体験談を共有します。

シリーズ「[1年で家づくり一戸建て注文住宅]トヨタホームで建てた夢のマイホーム」はこちら

スポンサーリンク
AD for PC

年度末で決算前の3月に契約すると大幅値引き有り

これが、いきなり答えです。もうこれに尽きるでしょう。

我が家は3月末に正式に契約しました。

少し考えれば分かるかと思いますが、3月というのは年度末。

つまり会社にとっては重要な決算前の締め月なのであります。

その一年の会社の売り上げや成績を左右する大事な時期です。これによっては株価にも影響する。

そんなわけで、ハウスメーカーとしては少しでも上積みが欲しいのです。

なので、受注件数と売り上げ、利益を積みあげるために、契約を増やすために、割引可能な額の範囲が大きくなっているはずです。

後は、その割引用の予算が余っていたり、年度末だけ多めに積んである可能性もあります。

なので、結構大盤振る舞いしてくれる可能性が大いにあります。

ハウスメーカーだけでなく関連各社もお得なキャンペーンが沢山

そして、その年度末で少しでも決算を良くしたいという気持ちは、ハウスメーカーだけでありません。

当たり前のように、家づくりに関連する会社も同じ。

例えば太陽光のメーカーとか給湯器関連など。後はファイナンス系も同じです。

3月中に契約してくれれば、来期の売上が確約できるわけで(もしくは今期で売上計上しちゃう?)、会社からすればありがたい話。

そんなわけで、この3月というのは色々なキャンペーンが充実。

例えば我が家の場合ですと、太陽光発電、免震装置、HEMSなどのオプションが無料で付きました。

1つのオプションが40万円くらいと仮定してもそれだけで100万円以上得したことに。

「もしかしたら、免震装置の今期売上台数がノルマに達してないのかなー?」とか思っちゃいました。

オプションって販売目標ありそうですし。

後は、うちはタイミング合わずに利用できませんでしたが、ローンの契約も安くなるキャンペーンが金融機関でありました。

つなぎ融資手数料の割引とか。一番大きかったのは、フラット35手数料無料。これ金額的にでかいですよね。

タイミングさえ合えばかなりの節約になります。

トヨタホームの場合はトヨタ系グループ会社でトヨタファイナンスがあるので、そこでお得なキャンペーンがないか、是非ともチェックしてもらうように営業さんにお願いしてみるべきです。

営業のやる気がとっても高い

最後は個人。ハウスメーカーの営業さんも、3月はなんとしてでも契約してもらいたく、頑張ってくれます。

営業さん自信の査定、つまり給与に関わってきますからね。

ひとつでも多く受注したいはず。

そんなわけで、割引を始め各種作業を頑張ってくれます。

我が家の場合は、1月に展示場へ行って3月上旬に話を本格化してから、なんとしてでも3月中に契約するために、地質ボーリング調査を速攻でやってくれたり、毎週打ち合わせをして大体の設計プランと費用を考えたり、としてくれました。

かなりスムーズで素早い対応でした。

また、わざわざ家に出向いてくれたり、こちらが楽になるような各種サポートもしてくれました。

営業さん個人により違いはあるかもですが、基本的には3月末に向けて2月くらいからやる気が高まっているはずです。

よって、良い対応をしてくれる営業さんが多く、物事が進みやすいでしょう。

後は、個人というよりは支店(営業所)や組織レベルといった営業全体でも売り上げをなんとか増やしたい、という気持ちが3月にはあります。

そんな営業の本気が分かるエピソードがひとつ

3月に4回くらい打ち合わせがあったのですが、最初の頃は営業さんの上司(店長)が同席してました。

色々とサービスしてくれたり、しっかりとした応対をしてくれて安心感UP。

また、人手が必要な忙しい時は営業さんの先輩も登場したり。

その他、設計プランをその場で変更する必要があった時は、ベテランの設計士さんを打ち合わせに呼んでくれたり。

「先生」と呼ばれるような人らしいのですが、その人がその場でこちらの口頭の説明を図にして、設計図の線を引いてくれてサクっと設計図を完成させてくれたのは時間がない中、助かりました。

そして極めつけは、3月末のいよいよ大詰めの契約の時には、なんと営業部門の執行役員の方が同席。

1回だけでなく数回同席してくれました。

基本的には設計などの話には口は出して来ないで、いるだけのような存在なのですが、割引の相談を頑張ってくれて最終的に承認決済してくれるのはその営業を掌握している役員の方なわけで。

契約直前の最後の最後には、一度部屋を出て値引きの相談を営業さんと店長さんと役員の方で話し合い、さらに値引きをしてくれました。

契約書への捺印の段階でも、気になる条項についてしっかりと答えていただき、役員の方からの返事なら信頼できるな、と安心できました。

3月中契約と4月契約では大違い

というように、会社としても、組織としても、そして個人としても売り上げが重要で、本気になれる要素がいっぱいあるのが3月です。

3月中に契約できるのと、4月になるのでは大違いです。数百万円違うこともあると思います。

契約のタイミングがその頃になりそうな方は、なんとかしてでも3月中に契約できるようにした方が良いと思います。

また、家の購入を考えている方は、3月中に契約できるように、年明け前から動くなど早めに行動を開始しましょう。

スポンサーリンク
AD for PC