PC版Yahoo!JAPANトップページのYahoo!ニュースのリンク文字色が既読でも変わらないのはなぜ?理由を推測

みんな大好きYahoo!ニュース

PC版のYahoo!JAPANトップページの場合、Yahoo!ニュースのリンク文字色は既読でも未読でも変わりません。

一見たいしたことがないように見えますが、実は重要な理由が隠れていると私は思うのです。

スポンサーリンク
AD for PC

Yahoo!ニュースこそが情報源

仕事の合間に会社のPCから、プライベートでもスマホから、常に何か大きなニュースは無いか、面白いネタが無いかと、Yahoo!ニュースを頻繁にチェックしている方って多いかと思います。

世の中の状況を調べる警備員にでもなったのか?と思うくらい更新ボタン押しまくりで、ついついチェックしていませんか?

Yahoo!ニュースをチェックして「うむ、今日も世の中は平和だな。よしよし」とか思ったり。

とにかく情報が欲しいという、飽くなき情報取得欲をYahoo!ニュースは満たしてくれます。

既読でもリンク文字色が変わらない理由

そんなYahoo!ニュースですが、PC版のYahoo!JAPANトップページの場合、Yahoo!ニュースのリンク文字色は既読でも未読でも変わりません。すべて同じ色、元の色のままです。

この理由、みなさん考えたことはあるでしょうか?

正式な理由は知りませんが、私には確信を持てるようなある理由が思いつくのです。

それは、「プライバシーの保護」

Yahoo!ニュースの見出しには、事故や犯罪、時事ネタや芸能ネタなどあらゆるニュースの見出しが並びます。

あらゆるニュースの中から選りすぐりの、多くの人に読まれそうな旬のトピックや、実際のPV数を基にアルゴリズムで選んだと思われるような、一押しニュースが8本程度並んでいます。

そんな厳選された興味をそそるようなニュース、ついつい詳細を知りたくてクリックしてしまうものもありますよね。

例えばそれが仕事の合間だった場合。

とあるニュースを読んだ後に、会議があったとします。

自分のPC画面を共有しながらプレゼンをした後にディスカッションしていると、「ちょっとそれ検索して調べてみて」というような話になり・・・。

新しくブラウザを立ち上げて、TOPページに設定されているYahoo!JAPANトップページが開く・・・

もしここで、自分が読んだ既読リンクの色が変わっていたら・・・

特に問題ない普通のニュースだったら問題ないのでしょうが、もしそれがちょっと恥ずかしいタイトルだったり、個人の趣味や性癖を現しそうな表現のタイトルのニュースだった場合、かなり恥ずかしい思いをすることでしょう。

Yahoo!JAPANトップページはニュースだけでなく、他にもいろいろなサービスのリンクがあるし、そもそも検索窓があります。

つまり色々な用途で使われるまさにポータルなサイトであり、利用機会は多いはず。

そして、PCというデバイスは特に仕事の場では、プロジェクターにつないだりして画面を共有する、映し出す機会が多いものです。

その両方が掛け合わさり、意図せずYahoo!JAPANトップページを他人が一瞬でも見てしまう可能性というものはそこそこありえます。

そのような、個人がどんなニュースを見ているかの傾向を他人が見てしまうような事故を、なるべく防ぐために既読リンクの文字色変更をあえてしないで、未読と同じにしているのだと思います。

スマホ版のYahoo!ニュースのリンク文字色はどうなのか?

この推測を裏付ける要素として、スマホ版のYahoo!JAPANトップページが参考になります。

スマホ版のYahoo!JAPANトップページにあるYahoo!ニュースのリンク文字色は、なんと既読だと色が変わるのです。

これは、スマホというあまり積極的に人に画面を共有しないような、プライベート志向というか要素が高いデバイス向けのためであると考えられるでしょう。

どんなニュースを見ているかを他人に見られてしまう確率というリスクより、自分がどの記事を読んだかを認識させるという、個人向けの利便性を重視した結果だと思います。

のぞき見には要注意

以上のような、プライバシーの観点で事故を防ぐための、文字色変更無しだと私は確信しています。

しかし、どうしても防げない事故というかリスクがあり注意が必要です。

それが、のぞき見です。

会社でPCで仕事をしていると、席の後ろを通った人が「この人、何のサイト見ているんだろうなー」と通りすがりにチラ見してくることもあるでしょう。

結局それはほぼ防ぎようがないので、会社のPCなどでYahoo!ニュースを見る際は、他人に趣味嗜好がバレないように、ブラウザの扱いには気を付けましょう。

また、覗き見だけでなく複数タブを開いている時の扱いにも気をつけましょう。

プロジェクターなどでブラウザーを映す時に、恥ずかしいor変なタイトルのページをバックグラウンドで開いていたら、タブのサマリーで見えてしまいます。

あと、Google Chromeだとブラウザを立ち上げた時に、よく見るページがホーム画面に表示されたりします。これもまた、結構危険な個人情報。

私は仕事の場合、そういった事故をなるべく防ぐために、個人的なブラウジングを含む用途としてFirefoxを、MTGなどモニターに接続する場合は絶対にIEを使う、という棲み分けをしています。

ブラウザのタブや、閲覧履歴(リンク文字色)など、そこそこ個人情報に近いものだと思います。

そんな個人情報を意図せず開示してしまったり、そしてさらには恥ずかしい事故になるリスクをなるべく防ぎましょう!

スポンサーリンク
AD for PC