幻のスマスマ最終回生放送SMAPはフジテレビ入りしてた!?メリー・ジュリーが解散コメントを阻止?

みなさんスマスマ最終回5時間スペシャルは観ましたか?ついにSMAPが本当に解散してしまう、という実感は湧きましたでしょうか?

結局、生放送パートは無く、SMAPメンバー5人からの最後のメッセージを直接聞くことはできませんでした。

しかし、実はその裏では、SMAPのメンバー5人は生放送に備えて全員フジテレビ入りしていて、最後までファンへ生でメッセージを伝える可能性を探っていた。が、同じくフジテレビ入りしていたメリー喜多川と娘のジュリーが阻止した。という緊迫した抗争劇が繰り広げられていた可能性がある、という噂が入ってきました。

※真偽は未確認です(というか確認できません)。あくまでもジャニーズ関連の情報網から回ってきた情報を基に、個人的な意見を書いています。

スポンサーリンク
AD for PC

スマスマで始まり、スマスマで終わる

2016年の年明けから年末まで、一年中を通して日本中で騒ぎになったのが、SMAP解散騒動

騒動勃発後の2016年1月18日には、SMAP出演の代表的な番組であるフジテレビ「SMAP×SMAP (スマスマ)」で公開生謝罪を放送。

あの公開処刑と言われるほどの、痛々しい彼らの姿はとても印象的でした。

そして、5人揃っての最後のテレビ出演となったのもやはりスマスマ。

2016年12月26日放送の最終回5時間スペシャルでは、結局事前収録済みの「世界に一つだけの花」を放送して終了となり、結局最後の生放送での本人達からのメッセージなどはなく、静かに終わりを迎えていきました。

ジャニーズSMAPと共に歩んできたと言っても過言ではないフジテレビとしては、始まりと終わりを押さえるという、とっても美味しい歴史的なところを持っていけたので、それはそれでラッキーだったことでしょうが、視聴率低下が著しい中、SMAPというブランドを活かし高視聴率を維持していた人気番組が終わってしまうということで、これがフジテレビにとっても終わりの始まりになる可能性もありえます。

本当はSMAPメンバー本人達からの公開生メッセージを放送したかった?

スマスマ最終回が近づくにつれて、フジテレビ側の戦略なのかメディアに各種情報が大量に出回り、フジテレビは全精力をあげてSMAPと特別番組の企画について交渉する、というような話もありました。

5時間の特番にすることを大々的にアピールしていましたし、最終回にふさわしいものを作る気があったはずです。

しかし、蓋を開けてみると、5時間のほとんどは過去の放送の再編集。

放送日前日まで編集とナレーション入れをした、と言っていた割には、まったく新しいものなんてないし、あんなに盛り上げていたのは何だったのか?と少し拍子抜け。

逆に怪しさ満点。

そう、怪しい。

そう思っていたところ、ジャニヲタな方々の情報網から驚きの情報が。

ジャニヲタのガチ度はすごいですからね。追っかけ、出待ちのストーカープロです。

冒頭でも書きましたが、SMAPのメンバー5人は生放送に備えて全員フジテレビ入りしていたとのこと。

やはり、スマスマ最終回では、騒動後の公開生謝罪のように、公開生メッセージを放送する計画があったようです。

しかも、その決定というか交渉は本当に直前のギリギリまで行われていたのかもしれません。

そして、その交渉相手というのは、SMAP本人達ではなく、メリー・ジュリー親子だった模様

フジテレビとSMAP本人達が揉めていたわけではなく、SMAPとメリー・ジュリーが相変わらず揉めていた、という形だったのかもです。

確かに、メンバー間の不仲が原因ではなく、メリー・ジュリーの介入が原因で解散に至ったと考えると、そもそもSMAP本人達は5人揃って共演することを、そこまで嫌になっていないと思います。

最終回放映日に近づくにつれて、SMAPの一部のメンバーが出演を拒んでいる、というような情報がたまにニュースに流れて、メンバー間の溝が深いような印象がありましたが、今となってはこれはメリー・ジュリー側からの情報操作だった可能性がありえますね。

メンバー本人達は、例え騒動によって亀裂が入ろうと、最後に自分たちの口からファンのみんなへメッセージを伝えたいという同じ気持ちがあったのかもしれません。

なぜメリー・ジュリーは阻止したのか

では、なぜSMAP本人達からの公開生放送が実現しなかったのか?

それは、メリー・ジュリー側からのNGがあったから、という可能性があります。

フジテレビはやはり、SMAPメンバーからの公開生メッセージという超特大スクープというか目玉を最後まで実現したかった。

そこで、メリー・ジュリーと粘り強く交渉をしていたが、結局はOKが貰えなった、失敗に終わったようです。

騒動直後の公開処刑生謝罪は、メリー・ジュリーからの指示という話もありますし、騒動後のSMAPはすべてメリー・ジュリーの管轄下で、完全にコントロールされていると思われます。

そんな中で、生で自由に発言を許す機会を与えたら、しかもそれが最終回、事実上解散前最後の仕事という場面であったら、SMAPのメンバー(特に木村くんを除く)が勝手に予定にないような爆弾発言をする可能性も大いにありえます。

自暴自棄になる(既になっている?)メンバーもいるかもしれません。

と、いったような大きなリスクをはらんでいます。

そういった不安要素を心配して、結局OKを出さなかった可能性が高いです。

さらに駆け引きとして、生放送にこだわるフジテレビと、収録にこだわるメリー・ジュリーという要素もあったかもしれません。

フジテレビ的には生放送じゃないと意味がない、と強く出た可能性があります。

メリー・ジュリー的には先ほどの不安要素があるため、生ではなくVTR確認してからのオンエアじゃないとダメ、と。

この溝が埋まらなかったのかもしれません。

もしかしたら、SMAP本人達は生でなく録画でもいいからコメントさせて、と思っていたかもしれないですね。

ソフトバンクのスマスマ最終回用特別CMはお金になるからOK?

SMAP本人達からの公開生メッセージ放送は実現されませんでしたが、スマスマ最終回中にはファンを喜ばせた感動的な出来事もありました。

それが、ソフトバンクのCM

過去にソフトバンクのCMキャラクターを務めていたSMAP。

ソフトバンクはその過去のCM映像をつなげた、スマスマ最終回用特別CMを作成して放送するという、特別対応を見せました。

これにはファンの方々は大喜びしたことでしょう。

この特別CMで過去映像を使うために、この一回だけのために新たにSMAPとのCM(映像)出演契約を結んだ模様。

メリー・ジュリーは、これは許可したんですね。

ジャニーズ事務所に多額のCM契約料が入るから?

お金が関わる事には割とOKが出るという、ビジネスセンス的には優れた感覚のようです。

さらにもうひとつソフトバンク絡みで話題なのが、平成26年の「27時間テレビ」内で行われたライブ27曲をCM無しのノンストップで45分間放送。

これが実現できたのも、ソフトバンクが一社提供でこの時間のスポンサーとして枠を買い取ったから、という話。

やるな、ソフトバンク。

孫さん男気溢れまくり。

これに関しては、メリー・ジュリーは一切関係なく、フジテレビ(と電通?)が大儲け、という話ですね。

フジテレビさんもビジネス意識が高いようです。

SMAPは永遠にジャニーズNO.1アイドルグループ

以上、スマスマ最終回にまつわる裏側の噂話や情報でしたが、真偽というか真実が語られる日がいつかやってくるのでしょうか?

ジャニーズ事務所の圧力メディアコントロールによって、そんなことは出てこないで真相は闇の中かも。

SMAPメンバーが今後どうなるかも気になりますが、これだけ人気で多くの人々から支持された人たちですから、そう簡単に消えることはないはず。

引き続き各メンバーを応援してくれる人はたくさんいるでしょう。

今後の活躍に期待です。

また、インターネットやソーシャルの力が増し、メディアやエンターテイメントの構造が変革していく時代の中、SMAPという歴史的なアイドルを失いメリー・ジュリーが主導権を握っているジャニーズ事務所が今後どうなっていくのか、SMAPというメインコンテンツを失ったフジテレビはどうなっていくのか、という点も注目です。

スポンサーリンク
AD for PC