新築一戸建てにNURO光を契約導入し評判通り満足しています

世界最速の超高速光ファイバーサービスを謳うNURO光。ソニーネットワークコミュニケーションズが関東、東海および関西で提供しています。

我が家では、一戸建てを新築した際にインターネット回線としてNURO光を新規契約しました。

実際に1年以上使ってみた感想やNURO光のサービス、そしてキャッシュバックについて、まとめてみました。

スポンサーリンク
AD for PC

NURO光に決めた理由はコストパフォーマンスの良さ

数年前に戸建てを新築しました。完全注文住宅だったため、特にインターネット回線の縛りとかの制限はなく、まっさらな状態で自分の好きなように回線選びが出来ました。

そこで真っ先に思いついたのが、「世界最速」と当時CMをしていたNURO光。家を新築したからにはやはり光ファイバーを引きたいな、と思っていましたし。

なお、我が家は電話回線は引いていません。

とはいえ念のため、ADSLなどのサービスと比較してお値段などをあれこれシミュレーションしたのが以前の記事。

賃貸のマンションから新築の一戸建てに引っ越した我が家。 間取りやら内装やら外構やら色々考えて決めていくことが山盛りで大変なのですが、個...

その結果、やはりNURO光がコストパフォーマンス的にも良さそう、と再確認出来たのでした。

それから、無事に契約し工事なども進んで利用開始、と思いきや実はちょっとしたゴタゴタがあったのでした。

回線工事日が決まらず待たされる連絡がサポートから来たのでゴネた

30,000円の現金キャッシュバック(現在は 35,000円にUP!)が適用されるリンク(後で記載します)からNURO光を申し込んで数日。

NURO光のサポートから電話がかかってきました。

早速屋外・屋内工事日の調整が来たかな?と思いきや、内容は予想外の展開へ。

NURO光サポート「光ファイバーを家に引き込むまでの電柱間の設計が進まないため、工事日は未定となります。しばらくお待ちください」

え?マジですか?

こっちは普通に二週間とかそれくらいで出来ると思っていたのに。

せっかく新しい家に住むスケジュールに合わせてインターネット回線を引くつもりだったのに、これではネット無しでしばらく生活する羽目になってしまいます。

「未定ってどういうことですか?何日くらい、何週間くらい待てば良い、という目途はないのですか?」

ときちんと丁寧に物言いすると

サポート「日にちについてはお約束することが出来ません」

と言われました。これはさすがに納得できません。

「じゃあ、いつ回線が引けるか分からないけど、この申し込んだ状態のままずっと待っていろということですか?1年後かもしれない可能性もあるのですね?」

という少し強めの質問にも

サポート「日にちについてはお約束することが出来ません」

という同じ回答。

こんながっかりなサービスクオリティでは、もうNURO光を諦めようかな、と思い始め

「1年以上待つ可能性があるような、いつ引けるか分からない回線をずっと待ってろ、と言うことには納得できません。それならすぐに引ける他社にします」

と最終通告。

さすがにこれには慌てたのか、

サポート「担当部門に、より詳細を確認します」

と、急に態度が変わりました。確認出来るなら最初からそうして下さい。

しかも、その後その担当部門から電話がかかってきて

工事担当部門「数日で出来ます」

と言われました。結局、ソニーネットワークコミュニケーションズ側が仕事をサボっていただけですね。やれば出来るものを、やらなかっただけ。

本当にどうしようもないボトルネックがある場合は仕方ないですけど、こういう人的な怠慢は許せないですね。

みなさんも万が一、NURO光に申し込んで工事日が未定なのでしばらく待って、なんていう理不尽な回答が来た場合は、きちんと確認を取りましょう。なぜそうなのか?待たないで済む方法はないのか?と。

要求を伝えないと全然動かないで本当に数週間も待つことになる可能性があります。

もちろん、これは過去の私の契約時の話なので、今は改善されていることを望みます。

屋外工事と宅内工事はスムーズ。ONU(ホームゲートウェイ)1つだけで良いという点も評価が高い

工事調整のゴタゴタがありましたが、日にちが決まってしまえば後はスムーズ。委託業者による屋外工事と宅内工事は予定通り1時間足らずで完了しました。

特に、家の中に入るということで少し気になる宅内工事ですが、担当の業者の方は慣れた感じで丁寧で一人でテキパキと段取りも良く。

我が家は2階にメディア管の引き込み口を用意してあるのですが、はしごをかけて電柱から家の壁へ引き込みました。

なぜ2階に光ファイバー用の引き込み管を設置する設計にしたかと言うと、家のほぼ中心に位置する2階の納戸(収納スペース)の棚の上部にONU(ホームゲートウェイ)を置くように、家を建てる設計段階で決めていたから。ONU用にコンセントと、メディア管の口を用意しておきました。

ONUなんて滅多に触らないので、納戸の上部にある棚の上でOK。

そして、WiFiの電波の飛び具合を考えると、やはり家の中心に近い位置が良い、ということで我が家は2階の廊下にある納戸が最適でした。結果的にこれが正解で、家の中ではどこでも常に電波が最強でWiFiに接続できます。

我が家はトヨタホームで家を建てたので、鉄骨ラーメン構造ですが電波には全然影響なしですね。家中どこでも快適。電波障害無し。もちろん、大きな広い豪邸に住んでいる方は、中継器を設置した方が良いかもしれませんが。

しかし、このONU(ホームゲートウェイ)が1つで光回線終端装置とWiFiルーターなどすべてをまかなってくれるのは本当に楽です。

コンセントも1つで良くてシンプル。

個人的にはこれがNURO光の良さの1つだと思っています。

開通後の快適度。体感速度は良好。ネットが使えなくなるトラブルもあったけど対応は良し

さて、無事に開通した後ですが、速度についてはまったく問題なく快適に使用できています。

20時くらいの夜間のいわゆるネット回線が混み合いそうな時間帯でも全然問題なく高速通信が可能。

Youtubeのような動画サービスやAmazon fire stck TVのようなストリーミングサービスをTVで見ますが、体感的に遅いと思ったことは一度もありません。

iPhoneのアプリのダウンロードなども高速。

普通の人が一般的な用途で使用する場合の光ファイバーに期待する速度は十分出ていると思います。

ただ、我が家の場合は一度だけ数日間ネット回線が使えなくなる、という大きな障害に遭遇したことがありました。

詳細は以下の記事に記載しましたが、まぁたまたま運が悪かった模様。しかも障害の原因はNTTが管轄部分の回線だったようで、NURO側には落ち度無し。

使用できなかった日数分の返金処理など、NURO光のカスタマーサポートも普通に良かったです。

自宅のインターネット回線として利用しているNURO光。さすがに光ファイバーなだけあって、非常に高速で快適です。動画もサクサク。 しかし...

マンションの個別契約にも積極的に対応し、サービス拡大中

我が家のような戸建だけでなく、マンションに住んでいる方向けにも、NURO光は積極的にユーザー確保を進めています。

まず、戸建てと同じような通常のNURO光サービスが、2015年12月に5階以下のマンション・集合住宅に対応。さらに2017年2月には7階までのマンション・集合住宅までに対応へ拡大されました。

通常マンションに住んでいる方がインターネット回線を契約するには、あらかじめ指定の業者を利用するか、複数人の使用が確約できて新たに設備を導入してもらう、など色々と制限やめんどくさいことがありました。

しかし、NURO光の場合は、7階以下のマンション・集合住宅の場合は戸建てと同じように一人、つまり各家庭ごとに契約できます。これはマンション住みの方にはハードルが一気に下がって良いですね。

もちろん、いわゆる良くあるタイプのような、複数人契約が前提の「NURO光forマンション」という別プランも提供されています。

4人以上の契約が確約出来る場合という条件さえクリアできれば申し込むことが出来、みんなでシェアするだけあって通常のプランより月額費用がお安くなります。しかも契約人数が増えるほどお安くなる、というメリットが。

なお、2017年3月時点では、期間限定でおひとり様でも設備導入工事実施中という、なんともすごいキャンペーンをやっています。

マンションの管理組合との調整さえクリアすれば、他の契約者を探すのはNURO光さんが頑張ってくれる、ということですね。なんとも頼もしい。

ついに東海・関西エリアも2018年から提供開始!

今までは関東の1都6県のみの提供だったNURO光ですが、ついに2018年より東海・関西エリアにも拡大します!

これは関東以外の方で、関東がうらやましいなーと思っていた方には朗報です。

というか、今まで関東限定でよくやっていたな、と思えますが。

東海地方は愛知県、静岡県、岐阜県、三重県の4県。静岡県も入っているのが良いですね。

関西地方は大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県の2府3県。

これは人口分布的にはかなりの部分をカバー出来たのではないでしょうか。引き続き提供エリア外の地方の方には大変残念な話ですが。

東海、関西の方、是非とも世界最速のNURO光の速さを体験していただき、この後で紹介する現金3万円のキャッシュバックをGETしてください。

35,000円キャッシュバック受け取りは、受け取り期間が決まっているので忘れずに!

NURO光を契約するにあたって一番大事なキャッシュバック受け取りについて。

インターネット回線申込みには各社様々なキャンペーンをやっていると思いますが、NURO光の現金35,000円キャッシュバックは結構大きいと私は思います。

実質半年分無料、というようなものですしね。

また、何よりも現金というのが一番いいですね。金券など換金性が高い物、ではなくずばりそのまま現金還元。これが一番有効でしょう。美味しいです。

そんな35,000円の現金キャッシュバックを受け取るためには、まず以下のバナー広告からNURO光に申込みをして契約します。

これは、NURO光オフィシャルから申し込むものです。

ネット上には、代理店と呼ばれるような中間業者が高額なキャッシュバックを謳い宣伝しているものがありますが、そういった代理店などを一切経由せずに、直接NURO光(ソネット)と契約できるものです。個人情報が変な代理店に漏れることがなかったり、また強制オプションなどを強いられることもない、純粋な申込みなので一番安心な方法だと思います。

そして契約が完了すると、適用されるキャッシュバックの詳細がSo-netのマイページから見られるようになります。

そこに特典お渡し期間という記載があると思いますので、その期間内に忘れずにキャッシュバック受け取り手続きをしてください。

恐らく、以下の通りだと思います。

サービスご利用開始から4カ月後の15日より、キャッシュバックお受取専用WEBページ(http://www.so-net.ne.jp/uketori/cb-info.html)にて45日間お手続きいただけます。

45日間というタイムリミットをお忘れなく!!

手続きが無事に終了すると指定した銀行口座に見事30,000円が振り込まれているかと思います。

と、手続き可能な期間さえ気を付ければ、手続き自体は簡単にキャッシュバックをGET出来ます。

陸マイラー向け。ANAマイルを 10,000マイルGETすることも可能。

以前からキャッシュバックなどのキャンペーンに積極的なNURO光さん。

なんと最近はANAのマイルが貯まるキャンペーンも実施中。

まさに陸マイラーを狙ったキャンペーンです。

だって、10,000マイルも貰えちゃうんですよ。ローシーズンなら近場の国内線往復相当です。もしクレジットカードのマイル還元で貯めるなら、例え還元率が2%という優良カードがあったとしても、50万円分利用時の還元と同等です。なかなかコスパというか、費用対効果が良いのではないでしょうか?

nuroモバイルというMVNOである格安SIMサービスまで開始

最後に、NURO光に少しだけ関連する話題として、ソネットはNUROのブランド力を活かし、nuroモバイルという格安SIMサービス(MVNO)も提供をしています。

といっても、そもそもソネットはそういう事業を得意としていたのですが、今回新たにNUROブランドを利用することで、高速というイメージをMVNOでも活かしたいのだと思います。

今のところ、残念ながらNURO光契約者への割引など特典やメリットはありませんが、ケータイも含めて契約や支払をまとめたい方には向いていると思います。

下り最大2GbpsのNURO光をインターネット回線として利用している我が家。 提供エリアが首都圏に限られますが、世界最速10Gbpsサ...
スポンサーリンク
AD for PC