子供(赤ちゃん)のためにFire TV Stick (New モデル) を買った

1歳の息子のお気に入りは、やっぱりテレビのアニメ。

なのですが、アニメ番組と言っても、アニメのオープニングやエンディング、つまり歌の部分が特に好きなんです。

最近はYouTubeなどにオープニングやエンディング映像が公式にあがっている番組が増えたので、たまにスマホで見せたりしていました。

が、どうしてもやはり大画面で観せたい、と思いamazonでFire TV Stick (New モデル) を買ったところ、子供も満足だし、親の我々も楽しめる、というわけで活用しまくりで日常生活が変わりました。

スポンサーリンク
AD for PC

iPhoneユーザーはFire TV Stick

YouTubeをテレビで再生したい、と考えた時に思いつくのが最近流行の、テレビのHDMI端子にポチっと差し込んで簡単にテレビを高機能が出来るメディアストリーミング端末。

代表的なものとしては、Google ChromecastFire TV Stickがあります。

我が家はiPhone一家なので、出来ればiPhoneの画面をミラーリングしたり出来るような、iPhoneと相性が良い方を選びたい。と言うことでamazonのFire TV Stickに決まり。これならアプリをダウンロードして、iPhoneのミラーリングが可能です。

Google Chromecastはやっぱりandroidと相性が良く、iPhoneとはいまいちでミラーリングに対応していないようなので。

なお、我が家はもちろんamazonプライム会員なので、amazonプライムビデオも観られるという点も、Fire TV Stickにした大きな別の一因でもあります。

お安くなったし、性能も大幅UPでお得なFire TV Stick (New モデル) 音声認識リモコン付き

2017年4月に新たに発売されたばかりのFire TV Stick (New モデル) 。今が絶好の買い時です。

なんと音声認識リモコン付きで4,980円という驚異のお安さ。amazon的には利益無いどころか逆ザヤで赤字の可能性もあります。amazonとしてはソフト(コンテンツ)で儲けるためのハードという考えの戦略的プライスな気がしますが。

4Kには対応しておりませんが、そもそも我が家のTVは4Kじゃないというか、4Kのテレビはまだそんなに一般的には浸透していないと思うのでまったく問題無し。

性能面もパワーアップしており、旧型に比べてよりサクサク動く、というレビューが多く寄せられています。

そして、音声認識リモコンが便利。検索などでいちいちキーボードをリモコンでポチポチ動かして文字を入力する、なんていうめんどさから解放されます。キーワードを言葉で言うだけで、検索できます。この快適さは必要ですね。これに慣れてしまうと、音声認識が無いFire TV Stickなんて想像できません。

注文したその日に届いて、しかも本体は自分のアカウントが設定済みでお手軽セットアップ

そんなお買い得なFire TV Stick (New モデル)。

我が家は関東在住のプライム会員ということで、朝9時までに購入すれば、なんと当日お急ぎ便での当日配送が可能。

実際に8時過ぎに注文したところ、11時過ぎに小田原FCから商品が発送され、夕方には自宅近くのヤマト運輸の営業所に届いていました。

当日お急ぎ便は時間指定が出来なくて早く持ってこられてしまうのもちょっと困る要素ではありますが、とにかく受け取りさえ出来れば確実に当日中にGETできます

そして、届いた後も使用開始まで超早いです。

なぜなら届いたFire TV Stickには、なんと注文した自分のアカウント情報があらかじめ出荷時に設定済みなのです。

これには驚きましたね。本体をテレビに刺して、ネットワークの設定をするだけで、後は本当にやることなし。私はてっきり、自分のアカウントを入力してamazonにログインとかしないといけないのかと思っていましたが、そんな必要もありませんでした。

注文後amazonの出荷センターでFire TV Stickに注文者情報を書き込んでいるのかな?それとも、ネットワークでつないだあとに、amazon側のDBとかで端末IDと購入者アカウントを紐付けているのかな?

いずれにせよ、セットアップは5分もかからず終了し、すぐに使い始めることができます。

子供にはYouTubeだけでなくamazonプライムビデオで機関車トーマスなど充実した子供向け番組

Fire TV Stickを買った目的が、子供にYouTubeをテレビで見せること。

ということで、お気に入りのアニメのオープニング映像をYouTubeで検索してはエンドレスで観ています。YouTubeだとピンポイントで見たい動画だけが見つかるので楽でいいですね。いちいち録画したビデオ映像を再生するより楽です。しかも最近は新作の予告映像なんてのもよくあがっているので、本当に飽きません。

そしてFire TV Stickにして予想以上に良かった、と思っているのが、amazonプライムビデオの見放題サービス

子供向け番組が豊富なのです!

例えば、子供向け番組の定番と言えば「機関車トーマス」。昔はフジテレビで放送されていて、最近はNHKで放送されているようですが、これがなんと大量に観ることが出来るのです。

1984年に放送されたという記念すべき第1シーズンから2009年のシーズン13まで。最初は実物の模型で撮影されていましたが、シーズン13になるとCGになっています。

1シーズンあたり26話くらいあるので、トータルで330話分くらいの機関車トーマスのお話が見放題です。

これは子供は見飽きないでしょう。というか、きちんと最初から話を観られるなんて滅多にない機会です。それだけでも価値あり。

その他、amazonオリジナル作品として「はたらくクルマのスティンキーとダーティー」というのがあります。男の子が好きそうなアニメです。

女の子も楽しめるアニメとしては「ウィッシュンプーフ」という魔法が使える小さな女の子のお話もあります。

「クリエイティブ・ギャラクシー」というアニメも、小さい子供が好きそう。ということで、amazonオリジナルの子供向けアニメがなかなかイケてます。今後もどんどん増えるでしょうし。

子供向けのコンテンツとしては、ディズニーチャンネルジュニアをちょっと意識しているかな、という感じです。

「おさるのジョージ」「リサとガスパール」とかもありますし。

妻がPrime MusicをBGMとして利用できる

息子のために買ったFire TV Stickですが、もちろん親も楽しめるというか、活用しています。

子供がいるのであまり時間は取れませんが、映画やドラマなどのテレビ番組を、いちいちレンタルショップに行かずにそのまますぐに観ることができます。

最近ではWOWOWで過去に放送された重厚なテレビドラマがお気に入り。話数が少なくてちょうど良いんですよね。

そして、Fire TV Stickを買って意外な活用方法だったのが、音楽。

amazon Prime Musicという、これまたプライム会員は聞き放題という素晴らしいサービスがあるのですが、これをテレビ経由で聞けます。

我が家の場合、テレビの音にはこだわっていて、別付けのYamahaのスピーカーを接続してあります。

BluetoothでiPhoneなどの音楽を飛ばして再生することもありますが、Fire TV Stickを使って Prime Musicを利用することがもちろん可能。

で、今まで Prime Musicは私が自分のPCやiPhoneで使っていたのですが、Fire TV Stickを導入したことにより、妻も自宅で自由に使えるようになったわけです。

家で選択や家事などをしている際に、BGMとしてPrime Musicの聞き放題の曲をかけることが簡単になったわけです。

これは我が家的には結構新しいことでした。

5,000円なので気軽に試しに買ってみては?

というわけで、Fire TV Stickの導入により、amazonの戦略にまんまと取り込まれて、ビデオに音楽とamazonの各種サービス利用度があがった我が家。

と言っても、追加コストはFire TV Stickの5,000円だけなので全然OKです。

そう、たった5,000円なのです。

それで家のテレビがインターネットに繋がるようになったという、まるでグレードアップした感覚。セットアップも簡単ですし。

それだけで、子供に機関車トーマスやYouTube上のコンテンツをすぐに見せることが出来るようになります。

そして、もちろん大人が楽しめるコンテンツは満載で、日々新しい物が追加されていきます。

アニメや映画のDVDを買ったと思えばお安いのではないでしょうか?

気軽にポチってみると幸せになれると思います。

スポンサーリンク
AD for PC